検索
  • INFO WO

結婚相談所で婚活を行うメリットは?

結婚相談所では、仲人がつくタイプとつかないタイプがあります。仲人がつかないタイプでも、一応担当がいて何かあった時にチャットなどで連絡を取るものもあります。この場合、積極的に連絡を取らないと、ほぼアドバイスはもらえません。

また、仲人というよりは担当者がつくというタイプがあります。このタイプは担当者が多くの担当を持っており、ケアはそこまで行き届かないという場合が多いです。

今あげたパターンの結婚相談所は、二つの特徴があげられます。一つは、自分で積極的に活動する、サポートがほとんどいらないタイプ向けである事。もう一つは成婚料などがかからないもしくは低価格で、お得感があるもの。費用を抑えたい人向けです。

一方仲人型と呼ばれるのは、担当が30人前後の担当をしている仲人が、手厚いフォローをするというもの。成婚(プロポーズ)まできっちりサポートするので、婚活が不得手という人には向いているというメリットがあります。一方デメリットは成婚料というものが必要になり、費用がかさむという事です。

当相談所は仲人型の結婚相談所です。入会された後、手厚いサポートを行います。

 

まず、異性とのコミュニケーションが苦手な方に対しては、会話の方法をカウンセラーがお伝えします。ロールプレイングで、どこを気を付ければ良いかなど具体的なアドバイスをします。そうすることで、理屈ではわかっている会話の方法を身に着ける事ができます。

また、お見合いや交際などでのフィードバックを行います。これは会員さんとのマンツーマンのやり取りの中で、どのように婚活を進めていくかを会員さんが理解できるよう、活動内容を共有してカウンセラーからのアドバイスを受けます。そうする事で、結婚相談所での婚活を進めていく上で改善を積み重ね、より進化していくことができます。

その他にも沢山のフォローを行います。しかし会員さんに意識していただきたいのは、1から10までカウンセラーがお世話をするわけではない事です。アドバイスを元に自分で考え工夫する。カウンセラーと二人三脚、つまり自分の足も使って前へ進むのです。そうやって成長してゆき、婚活を進めていくために自立することで、ご成婚、そしてその先の結婚生活を充実したものにしていくのです。




最新記事

すべて表示

現在、兄の家に住む母のサポートを行っています。兄弟4人で協力し、曜日ごとに兄の家に行く日を決めています。僕の場合であれば毎週水曜日に母の家に行く事になっています。 母の足腰を鍛えるためにシルバーカーを押して20~30分近所を散歩しています。ちょっとした運動ですが、筋力の衰えを抑え鍛える目的で行っています。 昨日母から、近所の百貨店まで歩いて行こうと言われたのですが、現状ではおそらく無理で、もっと足

婚活においては、男女双方のテンションが同じくらいなるのが理想です。 しかし、一般的には男性のテンションは出逢いの段階から高く、一方で女性は様子見をしながら最初はテンションが低いと言われています。 ですから女性から見ると、最初は数回のデートやLINE等のやり取りを重ねていくうちに、相手の事を徐々に知って、親しみを持てる関係に進んで行きます。 一方男性から見ると、出逢いの瞬間から相手への好意を持ってい