検索
  • INFO WO

結婚相談所での取り組みがずるずる伸びる例

まず、結婚相談所を決めるのに3ヵ月以上かけてしまう人がいます。相談所が気にはなっていて、サイトで情報を集めるも、どれが良いか決め手がない。時間がある時にたチェックするだけ。情報は増えるが、行動にはなかなか至らない。

それからしばらくして、何かをしなければいけないと思い、資料請求をする。サイトに登録すると色んな会社から連絡が入り、さらに情報量が増える。そして資料が手元に届くと、それでほっとひと一息ついてしまう。

資料請求の後、実際に結婚相談所に連絡するのが億劫で、また気持ちが高まったら無料相談に申し込むと考えて、ずるずると日がすぎてしまう。そういったケースが中にはあるのです。

そうして意を決して、結婚相談所の無料相談を受けます。この際、何社か比較するために色々な相談所の無料相談を申し込む。そして、そのうちの一社に絞るのに少し時間をかけてしまう。

それらをクリアして、何とか相談所を決定します。

そして入会後の初回面談。おそらくは結婚相談所を決めて連絡を入れた際に、必要な書類を準備するよう指示をされます。この書類を集めるのに、仕事などが忙しいという事で更に時間をかけてしまう事も。

そうしてやっとシステムに登録して、結婚相談所での婚活の準備が整います。

これらの事を、時間をかけて行うか、さっさと進ませるかで、時間の消費が大きくことなります。どちらが望ましいかは一目瞭然でしょう。すぐ決める、すぐ動くというのはとても大事です。

行動力と決断力は、実際の婚活でも非常に強い味方になります。気が乗らないから、忙しいからという言い訳グセがつくと、なかなか決断ができないために時間がかかるという悪循環に陥ってしまいます。すぐ決める・すぐ動くという事が、婚活では大切でしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す