検索
  • INFO WO

結婚しない男女

結婚に至らない理由と言うのは幾つも考えられるのですが、そのうちの一つに収入面というのがあります。女性は、結婚にある程度のレベルの生活力を求めるという傾向にあります。



しかしながら、例えば男性の収入600万円以上を望むとして、未婚男性(25~34歳)のうち、実際に年収が600万円以上なのはわずか3.5%なのが現状です(転職サイト DODA)。



この時点で、35歳未満のパートナーに600万円以上の年収を求めるのは現実的ではないということがわかります。



もう一つ上げられるのが、収入の高い女性が結婚しにくいという現状です。一見すると、収入が高い女性ほど、家計の収入は増え、選択肢も増えると思われますが、実際はそういった高収入女性は高収入の女性は高収入の男性を好む傾向にあります。



しかし、35歳未満で年収600万円以上の男性は数パーセントしかいない現状を踏まえると、ちょっとハードルが高いかも知れません。



一方で男性は、収入の高い女性に対し気おくれをしてしまうケースもあるでしょう。しかしながら、世帯での収入合計を考え、柔軟に対応していく方法もあるでしょう。



家事や育児の面で、男性が積極的に取り組んで、夫婦での家庭内共同体制のバランスを考えるなどです。



結婚の形は様々です。当然望まない結婚はする必要はありません。ただ、ちょっと違った物の見方で、結婚の可能性も広がるのではないでしょうか。



最新記事

すべて表示

現在、兄の家に住む母のサポートを行っています。兄弟4人で協力し、曜日ごとに兄の家に行く日を決めています。僕の場合であれば毎週水曜日に母の家に行く事になっています。 母の足腰を鍛えるためにシルバーカーを押して20~30分近所を散歩しています。ちょっとした運動ですが、筋力の衰えを抑え鍛える目的で行っています。 昨日母から、近所の百貨店まで歩いて行こうと言われたのですが、現状ではおそらく無理で、もっと足

婚活においては、男女双方のテンションが同じくらいなるのが理想です。 しかし、一般的には男性のテンションは出逢いの段階から高く、一方で女性は様子見をしながら最初はテンションが低いと言われています。 ですから女性から見ると、最初は数回のデートやLINE等のやり取りを重ねていくうちに、相手の事を徐々に知って、親しみを持てる関係に進んで行きます。 一方男性から見ると、出逢いの瞬間から相手への好意を持ってい