検索
  • INFO WO

結婚が難しい女性

婚活をしていく上で、結婚が難しいタイプの方がいます。思い当たる項目があれば、要改善。これまでと違うことを意識する必要があります。

・好みの異性像ばかり求める

 →相手に求める分、それに見合った自分でいるかどうか。例えば理想の条件を3つ挙げるなら、自分も周りに負けない3つの事があるかどうか。素敵な相手には人気が集中します。そのライバルから勝ち上がるためには、周りに負けない何かが必要です。

・はっきりとしたパートナー像がない

 →相手に求めすぎるのは婚活を難しくしますが、逆に何がポイントになるかが明確でない人も、婚活で苦戦します。「普通な人」「自分は贅沢は言わない」「尊敬できる人」。これら抽象的な条件を持つと、結局は理想を求めたり、色んな面で条件の高い人を探してしまいかねません。まず、どういう点かポイントか明確にする必要があります。

・リアクションが薄い

 →デートでお食事代をごちそうになったり多めに出してもらった時に、当たり前だと思ってリアクションが薄いと、男性は残念な気持ちになります。財布を出す仕草をするかしないかだけで好感度は変わってきます。

・積極性が全くない

 →男性がリードする事が当然と思って、女性から何もアクションを起こさないと、自分のこと興味がないのかと思って男性の気持ちが冷めてしまうことがあります。また、デートの提案も男性ばかりだとお店選びも手間だし、また仕事等で多忙なことも多く気持ちがついていかない時もあります。女性側からもお店の提案などをすることで男性の負担を減らすのも時に必要でしょう。

・包容力がない

 →優しさや癒しを求める男性は多いです。相手がストレスを感じていたる疲れているときは、相手を包み込む優しさを持っておきたいものです。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す