top of page
検索
  • INFO WO

第一印象のギャップ

初めて会った時、その人の見た目や雰囲気から、こんな感じの人だろうと想像して、実際に話してみると最初の印象とのギャップが大きい場合があります。第一印象は最初の10秒程度で決まり、多くは視覚情報によります。つまり見た目でその人の印象が決まるのです。そして、第一印象を変えるためにはお互い話をして最低2時間かかるという説があります。印象は数秒で決まり、それを覆すのに数時間かかる訳です。


それほどに人間は見た目の印象に引っ張られてしまい、本来のその人を瞬時に知る事は簡単ではありません。そして、じっくり話をできない関係であれば、第一印象が変わるのにかかる時間は数か月から数年とも言われています。例えば職場やクラスが同じでもほとんど話をしない相手であれば、その人の印象はなかなか変わりません。


そういった点を考えると、人間関係を作る上で第一印象はとても重要であると言えます。例えば学校や職場、飲み会や交流会などで初めて会う人に対し、自分の印象を良くする工夫も大切になります。何故ならその印象がしばらくの間続くからです。


男女の出会い方であれば、どうか。


例えば結婚相談所を利用する場合、お見合いは大体1時間で切り上げます。そして会話は主に事前にチェックしたプロフィールに基づいて行われますから、かなり上辺のやり取りになります。


お見合いの1時間で、お互いよく見せようとしますし、突っ込んだ質問もあまりできませんから、どうしてもかしこまったコミュニケーションになってしまいます。ですから、その人の人間性を知るには、デートを重ねて掘り下げていく必要があります。


お見合いパーティーや街コンなども数分~数十分のやり取りですから、第一印象に引っ張れたままのコミュニケーションになります。


合コンは例えば2時間ほどと考えれば、第一印象に引っ張られつつ相手がどんな人か少しずつ見えてくる事もあります。しかし飲み会とは言え、お酒を良く飲む人もいれば飲めない人もいます。人見知りせず饒舌な人もいれば、あまり自分から話さないような人もいます。そう考えるとその人の個性を知る事やはり簡単ではありません。


〇〇の割に△△といった、裏返しの性格などもありますから、相手の表面を知ったからといって全てを理解できている訳ではありません。色んな場面でコミュニケーションを図る事が、相手をより深く知る事へとつながっていきます。


それほど、第一印象は大切であり、また、お互いを知るためのコミュニケーションも重要です。パートナーに求める第一条件は人間性であるといったデータがあります。相手がどんな人間か見抜く目も必要と言えるでしょう。そして自分という人間を知ってもらう事でお互いの相性を確かめる事ができます。相手を理解し自分を上手に表現する事が、良好な関係を築くカギとなるでしょう。



Comments


bottom of page