検索
  • INFO WO

第一印象に対して

例えばお見合いの待ち合わせをした時に、初めてお相手を見て、写真とイメージが異なることでテンションが下がってしまうこともあるかと思います。



そういった時、事前に見たプロフィールでの印象よりも、直接会った時の印象が強くなり、実際にお見合いをしてもそれを覆すことができないときがあるかも知れません。



しかし、落ちたテンションのままお見合いを続けるのは良いことではありません。逆に自分も写真と印象が違うということは十分考えられます。いわゆるお互い様なのです。



ですから、お相手に対し、第一印象を敢えて白紙に戻し、実際にお話しをして相手の人間性を見て、その人の魅力を探してみて下さい。プロフィールに書かれていた、その人のPR文を思い返し、色々と質問をしてその人の人となりを知りましょう。



そうして、段々とその人のキャラクターが掴めてきて、改めてお相手との相性を考えてみて下さい。会ってから数秒の印象だけでその人の人間性を知ることは不可能です。もちろん見た目というのは印象強く、また、その人のキャラクターを表すこともあるでしょう。



ですが、見た目にこだわってばかりでは、可能性は広がりません。写真は盛って写すものだと割り切りましょう。わずか1時間しかお見合いの時間はありません。あなたは良い所探しをしないといけないのです。それがお見合いのテーマなのです。



最新記事

すべて表示

「言葉」にしなければ自分の考えは何も伝える事はできません。 「黙っていても以心伝心で伝わるものだ」と思う人もいるかもしれませんが、そこに「分かってもらえて当然」という思い込みがあるかも知れません。 態度で示すという方法もあります。 言葉にする必要の無い事もあるでしょう。 しかし、言葉にする事でしか伝えられない事の方がよっぽど多いのが現実です。 「自分の気持ちを率直に表現する」という意味で自分の意志

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人