検索
  • INFO WO

積極性(女性編)

婚活において結果を出そうと決めたら、待ちの姿勢ではいけません。男性が攻め、女性が守りという意識がどこかにあって、声をかけてもらうのを待つ習慣があるとすれば、婚活ではその考えは横に置いておきましょう。



自分がいいなと思ったら積極的に動くのです。そうやって、これまでの流れを変えなければいけません。気になる異性と出会ったら、こちらから連絡先を聞くくらいの積極性があっていいでしょう。



結婚相談所での婚活の場合であれば、自分からお見合い申し込みを積極的にするべきです。そうして婚活のリズムを作るのです。



そしてお見合いの後、交際へと発展したとき、おそらくは最初のデートの話になるでしょう。どこに行くのがいいか男性側から提案があるのが通常ですが、もし具体的に話が進まなければ、早い段階でこちらから提案すべきでしょう。



また、2回目以降のデートも同様です。なかなかデートが具体化しなければ、女性側から積極的にデートに誘いましょう。食べたい物がある、行きたいところがある、観たい映画がある、などなど、具体的な提案をしたほうが、相手も対応しやすいでしょう。



交際相手は自分だけでなく、他にもいる可能性は十分あります。その中で自分が一番になるには、ずっと待ちの姿勢でいるだけではだめです。できれば週2回、最低でも1週間に1回は会う。そのためには、女性側からもデートを提案するのです。



そうして相手と会う回数を増やせば、親密度は自然と高まるでしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す