検索
  • INFO WO

祖父の50回忌で親戚達が集まった

先日、祖父の50回忌に参列しました。僕が47歳なので、祖父が亡くなったのは生まれる前の事です。大阪の堺で行われ、親戚達が集まりました。



母は今、足腰が悪くシルバーカーもしくは車いすでの移動しかできず、京都から大阪の南の方までの電車の乗り継ぎはしんどいだろうとの事でしたが、本人の強い希望で50回忌は何とか出たいと言う事で、兄の計らいでタクシーで行く事になりました。



沢山の親戚が集まり、久しぶりに色々とお話しをしました。普段は住んでいる所はバラバラなので、親戚付き合いというのは小さい頃に比べれば全然していなかったので、こういう機会しか会う事はありません。



昔はあまり話さなかったけど、大人になってから話すようになったいとこや、小さい時はすごくお兄さんに見えたけど、今は同じ目線で話すようになったいとこなど、色々と変化はありました。



親戚付き合いは大切だなと思いました。今回は、法要の後、お食事会などはなく、三々五々で帰って行きました。もっとコミュニケーションが取りたかったなと思いましたが、また何かの時に会えるだろうと思います。



そして母はまたタクシーで帰って行きました。後から兄に聞いたら往復で約5万円だったそうで、想定通りの値段だったそうです。母は沢山の親戚に会えて喜んでいたそうです。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す