検索
  • INFO WO

真剣交際を目指して

仮交際が進んでいくと、真剣交際を意識するようになってきます。仮交際は友達以上恋人未満という間柄で、複数の交際も可能でしたが、真剣交際は交際相手を一人に絞って結婚を前提にお付き合いをしていきます。



他のお相手とは交際を終了して、結婚を意識した関係へと発展していきます。お見合いしてから真剣交際に至るまでの期間は、2ヵ月としています。当然お互いの都合もあるでしょうから、多少長引くこともありますが、2ヵ月をある程度の目安としています。



その間、毎週会う事を目指して、大体8回から10回ほどデートをして、お互いの事を良く知って関係性を高めていきます。



前回のブログにも書きましたが、ここで、だらだらと仮交際が続いてしまったり、関係性を高める事ができないケースがあります。食事デートを数回してからは、半日デートをしたりして、色んな場面での相手との関係を確認していく必要があります。



ただ漫然と食事デートを繰り返して、結果的に相手に選ばれないということも十分あり得ます。ライバルから頭一つ抜けて、関係性を高めるための工夫が必要です。



そうして、この人と決めたときは、担当の仲人と話をして、自分の意思を伝えます。その際、お相手の担当の仲人と連携し、2人の気持ちを確認します。



そうして、お互いが結婚に向けて真剣交際をしたいという意思を固めて、男性側から結婚を前提としたお付き合いをしたいという意思表示=告白をします。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す