検索
  • INFO WO

真剣に婚活と向き合う

真剣に婚活に向き合うなら、結婚に対し強い意志が必要です。そして、年齢という一つの要素を重要視しなければいけません。



婚活の場合は簡単に分けると二つあります。まずは恋愛をしたいというタイプ。お付き合いして1~2年の間に、真剣に結婚を考えていく人。



もう一つは、結婚を前提にお付き合いする人。



恋愛タイプであれば、合コン、街コン、お見合いパーティ、マッチングアプリなど、多様な手段があります。特に若い方で利用されている事も多いと思われます。



ただし、出会いの場として利用して、後は個人でお付き合いなりをしていくという事なので、先ほどの述べましたように、数年の時間がかかる事もあります。それを良しとするかどうかです。



一方の結婚相談所は短期的に結果がでます。恋愛結婚とは比べ物にならないくらい早いです。この結婚相談所でのメリットは幾つかありますが、その一つに恋愛のような時間とお金を遣う事が無いという点です。



もちろん入会すれば費用は発生しますが、仮に恋愛でのお付き合いを2年ほどすれば、デート費用やプレゼント代、特別な記念日や旅行など、出費は馬鹿になりません。



時間とお金がかかり、かつ結婚に至るかどうかが不確実なのが恋愛です。恋愛を優先させるか、結婚を目指すか。この2択は冷静に選ぶべきでしょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す