検索
  • INFO WO

相談所への入会を決めたら

無料相談を受けた結果、結婚相談所に入会することを決めると、契約に入ります。この契約の際、幾つかの書類を揃えて頂くのですが、その中の一つに独身証明書というものがあります。これは役所等で発行してもらえるもので、その方が独身であることを示す書類となります。



独身証明書を提出することで、婚活者が本当に独身かどうかが明確になります。また、源泉徴収票や住民票等も提出頂き、詐称を防ぎます。



女性無料など低額なアプリですと、取り組みが簡易な反面、既婚者や詐欺などの悪質なケースも見受けられます。



一方で、アプリでも独身証明書が義務付けれている所もあります。これは、恋活よりは婚活に取り組もうとしている方が利用していて、女性も有料であることが特徴です。matchやユーブライドなどがこれに含まれます。



そうして、結婚相談所に登録するための契約を結ぶと、いよいよ婚活の準備に入ります。その準備の中で、我々が会員さんにお伝えしている項目がいくつかあります。そのうちの一つが、成婚目標です。



いつまでに自分は成婚するか目標を設定します。一般的に、お見合いからご成婚までの期間は3ヶ月程度と言われています。ですから、3ヶ月以内という目標は現実的ではありません。半年以内、10ヶ月以内、1年以内とある程度の期間で目標を立てます。



しかしながら、漫然と目標を立てるだけでは実効性がありません。設定した目標の期間までに成婚するには、どれくらいの数のお見合いを組むのか、そのためには毎月何人の人にお見合い申し込むをするのか具体的な数字を決めます。



当相談所では、毎月のお見合い申し込み回数に制限はありません。全国6万8千人の会員さんがいる中で、沢山のお見合い候補の方がおられるわけですから、毎月の申し込み人数の制限がある相談所ですと、活動が限られてしまいます。



このお見合いのマッチング率は10パーセント程度と言われています。ですから10人から20人に申し込んで1人の方とお見合いが組めるとなります。つまり、男性女性とも、積極的にお見合いを申し込む必要があるのです。これは最初の面談でお伝えしています。



そうして、会員さんと仲人との二人三脚での婚活が始まります。




最新記事

すべて表示

「言葉」にしなければ自分の考えは何も伝える事はできません。 「黙っていても以心伝心で伝わるものだ」と思う人もいるかもしれませんが、そこに「分かってもらえて当然」という思い込みがあるかも知れません。 態度で示すという方法もあります。 言葉にする必要の無い事もあるでしょう。 しかし、言葉にする事でしか伝えられない事の方がよっぽど多いのが現実です。 「自分の気持ちを率直に表現する」という意味で自分の意志

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

結婚相談所WO