検索
  • INFO WO

相談所に登録した最初に

結婚相談所に登録した時は、IBJの場合、システムに新規登録という表示がなされます。これは既存の会員さんから見れば、新しい人がエントリーしたことがわかって、その新しい人に興味を持って、お見合い申し込みをしてくる率が上がります。



最初にいきなりお申込みが来る訳ですから、びっくりする人もいるでしょう。そして、人によっては複数の人からお申込みが来ることもあります。



その際、待ちの姿勢で相手を選り好みしてしまうケースがあります。せっかく何人かに申し込まれたんだから、プルフィールをじっくり見て選んだり。



しかし、これはあまり良い傾向ではありません。選り好みをしてお見合い相手を極端に絞り込むという行動が、後々に影響してくるのです。



そもそもお見合いを組むことにハードルが存在します。まず、自分が良いと思った人にお見合い申し込みをしても、OKの返事がこない可能性、そして、相手からのお見合い申し込みが入会初期より少なくなる現実。



そう考えれば、最初の入会時期の相手からのお申込みをチャンスと捉え、積極的にお見合いをしていくべきでしょう。



勿論やたらめったらお見合いをしなければいけないと言っているのではありません。ただ、最初から待ちの姿勢ではなく、攻めの気持ちを持っておいた方が良いでしょう。登録すると同時に本格的な婚活は始まります。高い意識で取り組みましょう。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す