検索
  • INFO WO

相手選びの考え方

婚活をしていく上で、お相手を選ぶ際、色々な価値基準があると思います。それはひとそれぞれで正解はありませんが、そのうちのいくつかの考え方をご紹介します。

まず、プロフィールの中で何が変わらなくて、何が変わるかを考える。年齢・身長・学歴は変わりません。一方で年収・職業は状況によって変わる可能性があります。昇進したり、転職してステップアップする人もいれば、経営難で減給・リストラで再就職を余儀なくされることもあり得ます。

また、ルックスについては、歳を重ねるごとに老け込むものです。勿論アンチエイジングやもともとの体質などによって千差万別ではあります。

そして、プロフィールではわからない、その人の性格や人間性や相性などは、会ってみないとわからないのです。上記の物は全てプロフィール上の情報ですが、実際に会って初めてわかるのが内面です。

しかし、内面を意識する前に、外見や雰囲気などによる第一印象は、大きな壁となってしまうこともあります。ですから、自分の内面・良さを理解してもらうには、身なりを整え清潔感を意識して、笑顔が必要になってきます。

そうやって、第一印象の壁を超えられたら、双方向でのコミュニケーションを心がける。相手のプロフィールを読み込んでおいて質問を投げかける。会話が成立すれば、その人の人間性も伝わります。

共通点があれば話が盛り上がるかと思います。好きなものが一緒だと、共感できて話も弾みます。しかし、もう一つポイントを挙げるなら、嫌いなものが一緒だと共感度合がさらに上がります。人は好きなものもあれば嫌いなものもあります。より強く結びつくために、嫌いな共通ポイントも見つけ出せるといいですね。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す