検索
  • INFO WO

相手を褒めたい時

特に男性に当てはまることですが、女性を褒める褒め方というものがあります。相手のことを素敵だと思って表現するわけですが、その内容によって相手の受け取り方が変わってきます。



まだ関係性の浅い女性に対しての褒め方として、特に気をつけないといけないのは、外見を褒めてはあまり良くないということです。特に容姿ですね。まだ仲良くもない人にいきなり「かわいい」「美人」などを言った場合、相手は引いてしまう可能性が高いです。



それでも相手を褒めたい時は、その人の内面を褒めるのが良いかと思います。その人の優しさですとか、気を配れるとか、自分をしっかり持っているですとか、その人の人柄を褒めると、相手も素直に喜んでもらえると思います。



番外編としては、前回会った時と比べて髪型の変化に気づいた時などは、髪型変わったね!前も良かったけど、今の髪型のほうがいいね。と、思い切って伝えるのもいいでしょう。



服装を褒めるというのも、少し関係性ができてからなら相手も素直に嬉しいと思います。



一方、痩せてるねという言葉は、相手にあまり響きません。逆に変に意識してしまいます。スタイルいいですねも止めておきましょう。



とにかく外見を褒めるのはしばらく経ってから。せっかくの好意が逆効果にならぬよう、お気を付けください。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す