検索
  • INFO WO

相手の良さを見つける

婚活をしていて、なかなかこの人という方と巡り合えないというケースもあるかと思います。そういった場合は、おそらく相手に求める条件が厳しくて、もしくは多くて、相手を絞り込んでしまうのでしょう。もちろん自分の気持ちに正直なのは間違ってはいないのですが、外見や条件だけで相手を判断することは、自分の婚活の幅を大きく狭めているということも自覚しないといけません。

恋愛結婚とお見合いでの結婚は、大きく異なる点があります。それをまず理解しなければいけません。それは何かというと、恋愛結婚は感情重視、お見合い結婚は条件重視ということです。しかし、条件重視ということで、条件ばかりに引っ張られるのが問題なのです。

感情でも条件でも、どちらを優先しても、結婚をしたらまた状況は変わってきます。どちらのパターンでも、結婚してから愛を育んでいきます。それはどちらの道筋でも変わりはないのです。そして、相手に求めるという意識から、相手に与えるという意識に変わっていくのです。

ですから、仮に婚活、特にお見合いで相手に対する条件を絞り込んだ結果、ピンと来なくても、相手の良さを見つけることが大切になってきます。この人は包容力があり優しい心の持ち主だ、この人は将来の家庭で家族を大切にしてくれそうだと、など、人としての魅力がどのようなものか想像を膨らませることも必要です。

結婚生活は何十年と続きます。一緒に暮らしていけるパートナーを見つけるのに、感情だけで走るのはリスクも少なくありません。将来を見越した婚活というのも、一つ大切な方法ではないでしょうか。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す