検索
  • INFO WO

相手の気持ちを汲み取る

お見合いをしたいと申し出て、相手のOKがもらえたらお見合いが成立します。そこからお見合いの準備はスタートします。



プロフィールに書かれた、相手の結婚観やPRポイント、性格などをもう一度よく読んで、お相手がどんな人か想像します。



お見合いまでにお相手に関心を持って、さらに聞きたい事柄を当日質問できるようにしておきます。



そしていざお見合い。前もって相手の情報を確認しているのですから、「趣味は何ですか?」など、もともとPR文に書いてある事を聞くようでは話になりません。



その趣味はどういった経緯で始めましたか?いつからされているのですか?特に何がお気に入りですか?と、いわゆる深掘りをする質問が必要です。



そういった質問を予め3つ以上考えておけば、お見合いもスムーズに進むでしょう。



そういうやり取りの中で、お相手の結婚観や異性に求める事が見えてきます。自分のことばかり話して押し売りをしてはいけません。相手の事をより知って、そこで初めて自分という人間を伝える。営業と同じです。



そうしたコミュニケーションはいきなり身につかないかも知れません。まずは質問をして相手を知るという所から始めましょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す