検索
  • INFO WO

相手に魅かれる

相手のことを魅力的に感じることから恋愛は始まるわけですが、相手に魅かれる相反する二つのポイントがあります。一つは共通項が多い場合。出身、好きなこと、趣味など似ているところが多いことから親近感が湧いてきて、相手に魅かれます。



もう一つは相反する特徴があるとき。自分に無いものを持っている、自分と違う能力がある、容姿が異なるなどです。憧れや尊敬といった感情が湧いてきて、相手に魅かれていきます。



この、類似性と相違性で人は相手に対する印象が決まり、好意・嫌悪・興味・無関心といった感情が芽生えます。類似性で相手に対する感情が決まる場合もあれば、相違性に魅かれていくケースもあります。どちらの性質が恋愛感情に働きかけるかは人それぞれです。両方が組み合わさるケースもあります。



相手に対する魅力はその人の持つ特性を理解し、深い部分に触れていって理解していくものかも知れません。例えば、初めての出会いでは、第一印象による先入観を持ってしまうがために、相手の表面的な類似性・相違性に目がいってしまう可能性はあります。そういう意味では二度三度と会っていくにつて、その印象は変わってくるのではないでしょうか。



そういう点では、結婚相談所における婚活に置き換えると、初めての出会いであるお見合いだけでは相手の魅力は十分に理解できないかもしれません。その後のデートを重ねながら相手を理解し、共に生活ができるかじっくりと観察し判断していく方がより確実に相性がわかるかも知れません。



自分の好みをなかなか変えられないように、初めて会った時の相手に対する自分のインスピレーションをくつがえすことは難しいかも知れません。当然インスピレーションが正しいケースもあるでしょう。ですが、一生共に暮らしていく可能性のある相手をわずか1時間で判断して良いかどうか、という自分への問いかけも時に必要ではないでしょうか。






最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す