検索
  • INFO WO

相手に求める希望条件

入会が決まり、成婚までの目標日程を決めたら、次に相手に求める条件を決めます。その条件によってお見合いの申し込み、申し入れをどのような人にするかが決まってきます。



自分が譲れない条件というのは確かにあるでしょう。ただ、この条件を限定しすぎると、当然ながらお会いできる相手も限定されてしまいます。相談所の中には、まずは会員さんの希望を尊重して、活動を見守り、その後条件の見直しを提案するというやり方がありますが、それはいかがなものかと思います。



何故かというと、そのやり方だと、会員さんの納得性は高まる半面、一つは時間が過ぎてしまうということ、もう一つはお相手からの申し入れも限定してしまうということです。



婚活において時間というものは非常に大切です。短期成婚を目指すのであれば尚更です。また、お相手の申し入れを断ってしまえば、そのご縁も無くなってしまいます。



それだけ、最初に決める希望条件は大切だということです。年収、容姿(写真写り)、年齢、身長、体重、職業などなど。



入会後の面談では、諸々の条件の中で、本当に求める条件を限定して決めてもらっています。どうしても譲れない点は誰でもあります。それでも、求めすぎた条件については、仲人との話し合いの末修正されることもあります。



実際には会う機会を重ねないと、お相手との相性はわかりません。仲人との綿密な打ち合わせ(作戦会議)をしっかりと行いましょう。









最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す