検索
  • INFO WO

相手に求める事

婚活の場合、相手がどんな人かを見定めますが、どのような婚活かでその比重は変わってきます。お見合いパーティやマッチングアプリとなどの出会い目的の婚活と比べ、結婚相談所における婚活は、相手の条件を重視します。



マッチングアプリに向いている人は、恋愛を経験したい人、恋愛経験があり異性を獲得する能力がある人、時間に余裕がある人(1~2年)、なるべく多くの人に会いたい人。



結婚相談所向きな人は、早く結婚したい人(半年~1年)、プロフィールに自信がある人、相手に対しスペックを重視する人(年収、年齢、資格など)、予算が十分にある人、恋愛経験が少ない人などがあげられます。



上記でいう相手のスペックがいわゆる条件となります。この条件+異性としての魅力をベースに、お相手選びをされるケースがあります。それは現実的なのでしょうか?



自分が相手を選ぶのと同様に、相手もあなたを選びます。その時、選ばれる自分なのかどうか。高望みするのなら、あなたも高いレベルを求められます。



それがどのような条件かはあなた次第ですが、自分と相手が釣り合ってこそのマッチングと言えます。過去の自分の経験に依存し、過去の自分と釣りあっていた相手は、今となってはギャップが生じています。少なくとも年齢は重ねています。



相手に求めすぎず、魅力的な自分を目指す。そういった心がけが大切でしょう。






最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す