検索
  • INFO WO

お見合いから交際へと進むために

お見合いを行う時のテンションは、最初から盛り上がっているタイプと、あまり盛り上がっていないタイプとがあります。



一般的には前者が男性の場合が多く、後者は女性の方が多いと言われています。では、まず自分が盛り上がっていない時はどうすれば良いか。もちろん、こうしなければいけないという正解はありませんが、一つの考え方を記します。



まずは、相手を知ること。プロフィールで情報は入っているが、細かい部分やその人の人間性などは会って聞いてみないとわかりません。相手に興味を持って聞くというのは必要でしょう。



相手に興味が持てて、相性の良さを少し感じることができれば、別の日に会ってみる。つまりは仮交際へと進むのが良いでしょう。



しかしながら、自分だけが相手に興味を持つだけでなく、相手からも興味を持ってもらわなくては、次へ進むことができません。お相手からの交際希望があって初めてお付き合いが成立するのですから。



そのためには、相手にまず話をしてもらって気分良くなってもらうことが必要です。そのためにも質問はしっかりしましょう。一問一答形式で終わらず、深掘りする。例えば趣味で何かスポーツをしていたら、どんなことをやったか、今はやっているのか、これからも続けるのか、過去・現在・未来というように聞いていく方法があります。



愛想良く、笑顔も忘れずに。お見合いでそういう習慣をつけるためにも、どんな人とお見合いをしても、向こうからは交際申し込みの返事がもらえるよう、全力を尽くす。意識しましょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す