top of page
検索
  • INFO WO

相手に喜んでもらいたいという心遣い

恋愛でも婚活でも同じですが、気になるお相手との関係を深める事を目指していきます。


そして、そのために知恵を絞ったり、自分以外の人のアイデアを参考にする事もあるかと思います。


誰かに相談したり、ネットで不安を解消できるような記事を探したり。


ブログやnoteなどを読んだり、結婚相談所の情報を得たり。


成功体験や仲人の知恵を参考にし、それにならってみる。


もちろん自分の役に立つ有益な情報や参考になる内容もあるでしょう。


しかし、そう簡単にはいかないという事は皆さんもお分かりかと思います。


何故なら、人それぞれに婚活のパターンが存在し、お相手も千差万別、条件・状況が何もかも同一と言う人はいないからです。


しかし、先人の知識が不要かと言えばそうではありません。


むしろアイデアを導くには知識が必要不可欠です。


知識の引き出しが多ければ、それだけでアイデアの幅が広がります。


例えば相手にあった接し方、相手を喜ばせるコミュニケーション。


相手がどのような人か、よく話す人なのか、大人しい人なのか、バランス良くコミュニケーションを図る人なのか。


それに合わせて、相手の話をまずよく聞く事から始めるのか、会話が成立するようにこちらから積極的に質問をするのか、相手のペースに合わせてコミュニケーションを取っていくのか。


初めて会う人やまだ関係が浅い人には使いにくいですが、ある程度仲良くお話しができる間柄であれば、その人の持つアイテムに注目し、褒めるという方法もあります。


いつもおしゃれですよね。


そのメガネ格好いいですね。


マニュキア可愛らしいですね。


さり気なく褒めるのがいいでしょう。


もし、いつも通りですと言われたら、いつもおしゃれですねと返しておけば問題ありません。


一方で、まだ見ぬライバルが存在しているかも知れません。


見えないライバルはどんなアプローチをかけてきているか。


自分が思いつく事はライバルも同じかも知れません。


そのためには、相手に喜んでもらうという発想からもう一歩進んで、他の人が実行していないであろう行動を起こす事も方法です。


例えば女性の場合。


お相手の男性が、女性の好みも聞き入れつつ、素敵なお店を予約したとします。


そして当日、美味しい料理と楽しい会話で素敵なひと時を過ごした後、帰り際に男性が、今日はご馳走しますと言った場合。


通常であれば、婚活における初デートでは男性がご馳走するというのがパターンな訳ですが、


その、奢られて当然のシチュエーションで、女性が「私も出します、割り勘にしましょう」と言ったらどうなるでしょうか。


男性から見れば、心遣いのある女性と映るでしょう。


もし、それまでの女性が奢られてもお礼を言う程度だったとしたら、その女性が素敵に映るかも知れません。


あるいは男性の方がご馳走したいと主張するかのしれませんから、その時は「じゃあ軽くもう一軒いきませんか?私が出します」といった申し出をすれば、男性も面子は立つし、スムーズに二軒目に行く事もできるでしょう。


もちろんこのようなやり取りに目新しさは無いかも知れません。


しかし、相手のリアクションを見ながら、柔軟に対応する一例と言えます。


柔軟さとは、臨機応変さとも言えますが、これは知恵+経験によって身に付きます。


知恵と経験を持ち合わせ、自分の目の前にいる人はどんな事に喜んでくれるかを考えます。


そしてそれを実行してみる。


結果的に喜んでくれるかも知れませんし、反応を得られないかも知れません。


しかし、相手に喜んで欲しいという心遣いはとても素敵な事であり、相手の心に響く可能性も十分あります。


始めのうちは、異性に対して何かアクションを起こす事は緊張するでしょう。


だから無理はせず、できそうな事から試してみる。


色んな場面で勇気を出して相手に喜んでもらおうとする事で、徐々にそのスキルも身についていくでしょう。



Comments


bottom of page