検索
  • INFO WO

相手にメリットを感じてもらう

婚活は相手の条件をチェックして、自分の希望を満たす相手を探す、いわゆる外向きの活動が主になっているかと思いますが、自分が何を与えられるかという内向きの自覚も大切です。希望を満たせる相手を求めてばかりいて、自分を棚に上げてしまっていては、活動は停滞してしまうでしょう。

相手に求めるのと同じく、自分が何を求められ何を与える事ができるか、今一度考え見てはいかがでしょうか。仮に、自分の年収・年齢・職業・学歴という、変えられないもしくはすぐに変えられない要素を置いといて、自分に何ができるかイメージする。

現在、共働き、家事分担という事がポイントになっています。男性であれば家事分担を意識し、女性であれば家計を支える。両方とも時間と体力を必要としますが、お互いが協力してする事でより良い家庭環境を作る事ができるでしょう。

楽しく会話ができる。自分の事も話すし、相手の会話にもきちんと耳を傾ける。一方的に話すのではなく、会話のキャッチボールを楽しむ。オチなどなくても大丈夫です。何気ない会話を楽しみましょう。

料理の分担。料理は男性だから苦手、女性だから得意というものではありません。レシピを調べる事で料理に対する苦手意識はなくなるでしょう。毎日の料理を分担するのか、洗い物と料理で分担するかなどはそれぞれの夫婦のやり方ですが、お互い納得のいく形にしたいところです。


相手の親に優しくできる。お互いの相手方の親に対し優しく思いやりを持って接しましょう。

 

自分のメリットを行動や言葉で示さなければ、あなたの良さが伝わりません。また、不足していると感じれば、意図的に自分を高める努力も必要でしょう。takeばかりではなく、giveも意識しましょう。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す