検索
  • INFO WO

相性を確かめる

お見合いから仮交際に進み、真剣交際に至るまで約2ヶ月の間に8回~10回会うのが理想とされています。つまり毎週会うことが望ましいということになります。



短期間ではありますが、デートを重ねていくうちに、その人との相性が見えてくると思います。ただ、その間に、相手に対する気遣いや思いやり、また、相手に良い印象を与えるような行動・態度が必要になってくるでしょう。



今までの自分ではしてこなかった行動。婚活だからこそ相手を意識した振る舞い方。ありのままの自分に執着しない、相手を意識した柔軟な対応。



最初は違和感があっても、意識していくうちに、徐々に自分が変わっていくことを実感する事もあるでしょう。



それらも含めて相性を測るのが、仮交際期間です。最初のうちは感じれなかったお互いの思いやりや包容力、一緒にいて楽しいと思えるか、短期間ではありますが、じっくりと確認する時期です。



もちろん、自分の気持ちに正直でいいのですが、答えを急がないという方法もあります。本当にその人と合わないのかどうか、確かめるために十分時間をかけるという考え方もあります。



お見合い申し込み→お見合い→仮交際というステップを踏む中で、自分としては相手の条件を受け入れているわけですから、仮交際期間は相手の相性を確認する。それを第一に考えていく期間なのです。


最新記事

すべて表示

「言葉」にしなければ自分の考えは何も伝える事はできません。 「黙っていても以心伝心で伝わるものだ」と思う人もいるかもしれませんが、そこに「分かってもらえて当然」という思い込みがあるかも知れません。 態度で示すという方法もあります。 言葉にする必要の無い事もあるでしょう。 しかし、言葉にする事でしか伝えられない事の方がよっぽど多いのが現実です。 「自分の気持ちを率直に表現する」という意味で自分の意志

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人