検索
  • INFO WO

相性を確かめる

お見合いから仮交際に進み、真剣交際に至るまで約2ヶ月の間に8回~10回会うのが理想とされています。つまり毎週会うことが望ましいということになります。



短期間ではありますが、デートを重ねていくうちに、その人との相性が見えてくると思います。ただ、その間に、相手に対する気遣いや思いやり、また、相手に良い印象を与えるような行動・態度が必要になってくるでしょう。



今までの自分ではしてこなかった行動。婚活だからこそ相手を意識した振る舞い方。ありのままの自分に執着しない、相手を意識した柔軟な対応。



最初は違和感があっても、意識していくうちに、徐々に自分が変わっていくことを実感する事もあるでしょう。



それらも含めて相性を測るのが、仮交際期間です。最初のうちは感じれなかったお互いの思いやりや包容力、一緒にいて楽しいと思えるか、短期間ではありますが、じっくりと確認する時期です。



もちろん、自分の気持ちに正直でいいのですが、答えを急がないという方法もあります。本当にその人と合わないのかどうか、確かめるために十分時間をかけるという考え方もあります。



お見合い申し込み→お見合い→仮交際というステップを踏む中で、自分としては相手の条件を受け入れているわけですから、仮交際期間は相手の相性を確認する。それを第一に考えていく期間なのです。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す