検索
  • INFO WO

目標を決める

結婚相談所に加入してから、最初に行う面談を1stカウンセリングと言います。これは、相談所によって内容は様々ですが、一般的にはこれからの活動の目標を立てることになります。



目標を立てるという言葉自体は一般的であり、仕事やプライベートでも当たり前のように使われますが、婚活においても目標は必要です。



目標はいつまでに成婚退会(プロポーズ成立)するか。4ヶ月なのか半年なのか。はたまた1年なのか。一般的に交際を始めてからプロポーズまでが3ヶ月程度かかると言われていますので、4ヶ月であれば、最初の1ヶ月間をお見合いに集中し、1ヶ月後にはお付き合いを始めるというスピード感が必要です。



そして、お付き合いを始めるためには、積極的にお見合いを組まなければいけません。お見合い申し込みをする人数をひと月に10人とするか20人とするか。一般的には10人申し込んで1人OKもらえると言われています。で、あれば、10人単位で申し込みをするのは普通です。



そうして、最初に目標を立てることで、自分のお見合い申し込みの人数が変わっていきます。まず、目標をどこに置くか、そのために具体的に何をしないといけないか。ただ漫然と婚活をしていくのではなく、確かな目標を持って取り組みましょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す