検索
  • INFO WO

男性を育成する

第一印象や、相手の仕草などで、その人に対してマイナスなイメージを抱くことは確かにあると思います。仮に女性側から見て、男性にマイナスイメージを持ってしまった際ですが、生理的に無理と感じてしまったらどうしようもないですが、そうでなければ、「大目に見る」ということも必要かと思います。



例えば、服。サイズが合ってない、地味すぎる、ダサいなど。確かにその人が持つセンスはあまり良くないかも知れません。ですが、それが人間性をあらわしているかといえば、そうではありません。確かにお見合いやデートで服装を整えるのは最低条件必要なのかもしれませんが、ファッションに疎い男性は結構多いのです。



他には、髪型が整っていない、とか、食事のマナーが良くないとか。これらもできていない男性は多いです。



ではそういった男性にどのように対応すれば良いか。まずは減点法から加点法に切り替えましょう。相手の良い所を見つけ、それを加点していくのです。マイナスばかりに目を向けず、プラスを探しましょう。ただ、それでは気持ちの整理がつかない方もいると思います。では、どうするか。



それは、教育です。心に決めた、と思っても、受け入れがたい部分があると感じた時、直すことができないか考えるのです。例えば親密な間柄になって、相手に自分の考えを言えるようになったら、自分の希望をリクエストするのです。おしゃれにしたらもっと素敵だよとか、美容院にお金をかけた方が男映えするよとか、食事のマナーはこうだよとか。頭ごなしに言うと嫌がる男性もいますが、今よりもっと素敵になると伝えてあげれば、心が動くでしょう。すぐに見切りをつけず、まずは大目に見て、どこかのタイミングで試すのも良いのではないでしょうか。男性を育てるという作業も、悪くはないと思います。







最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す