検索
  • INFO WO

男性に直してほしい点

まず最初に女性の方にお伝えしたいのは、完璧な人などいないということです。ちょっとでも自分が気に入らないと思ったら交際をお断りしていては、キリがありません。相手のことを受け入れる気持ちが大事なのです。



気になる事があれば、さりげなく相手に伝えてみる。それでも改善せず、どうしても受け入れがたいのであれば、お断りする事も必要でしょう。そして、相手に譲歩してもらうのと同様に、自分も譲歩した方が良い事もあるかも知れません。



共に夫婦生活を送るのにどうしても直してほしい点、目をつぶっていられる点は何なのか、自分で整理し、どうしても直してほしい事はしっかり伝えた方が、自分としてもすっきりするのではないでしょうか。



例えば、服装などがあります。男性は服装に興味がないか服選びが苦手という人も多いです。ですから、服選びデートをしても良いでしょう。



清潔感に関しては、女性は気になる事は多いです。そう考えればその男性のためにも清潔感の必要性を説いてもいいでしょう。男性は単に気づかない、清潔感をぼんやりと捉えている場合がありますから、教えてあげる事は親切でしょう。



食事のマナーについては、すぐに指摘するのは難しかったり、伝え方も難しい部分はあるかも知れません。しばらく仮交際を続けていくうちに、二人の距離感が縮まった段階で伝えるのが無難でしょう。自分で我慢できるか生理的に受け付けないかがポイントになります。



マイナス査定ばかりで相手を評価しては、なかなか合格点に達する人が現れないかも知れません。相手をより良く自分で育てるくらいのおおらかな気持ちで接するのも方法です。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す