検索
  • INFO WO

男女の感情の差

結婚相談所での婚活では、男性と女性とで気持ちの盛り上がりが異なると言われています。男性はまずプロフィール写真によって気持ちが傾き、お見合いでお話しする時は既に気持ちのピークを迎えています。



その状態はあたかも一目ぼれに似ていて、感情が揺さぶられます。もちろんこれは傾向としてそうあるだけで、人によって異なる訳ですが、こういった心の動き方が一例として見られます。



一方で女性は比較的冷静にお見合いに望みます。極端な言い方をすると値踏みをすると言われます。そして、仮交際に進む際は、特に断る理由がないのでOKをするという気持ちの人がいます。



ですから、男性は交際が始まってすぐに恋人気分でいるのは時期尚早です。



女性には、真剣交際へと踏み切るためには色々な要素が重なってきます。その人と安心して生活できるか、人間性を受け入れられるか、伴侶として合格点かどうか。これはあくまで一例ですから、個人差はあります。そういう考え方の方もいるという事です。



理想は男性のテンションと女性のテンションが重なる時です。そしてその時期は仲人も見定めます。お互いの担当する会員さんの気持ちが揃ったら、両者の仲人が告白のタイミングを見計らいます。



そうやって、二人が寄り添って真剣交際へと進んで行くのです。男女の意識の差は当然あって然るべきであるということです。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す