検索
  • INFO WO

生涯未婚率

日本の生涯未婚率(50歳まで一度も結婚していない人の割合)は、2015年国勢調査の結果で男性23.4%、女性14.1%となっています。


この値だけではピンとこないかもしれませんが、1970年データでは男性1.7%、女性3.3%と、大きな開きがあります。


つまり近年では、男性の4人に1人、女性の7人に1人が、50歳まで一度も結婚していないという事になります。


では、何故そのような状況になってしまっているか。色んな要素があると思われます。


例えば、男女雇用機会均等法の成立(1985制定)により、女性の社会進出が促進された事

で、女性の生活力の向上、非正規雇用の増加による男性の生活力の低下などがあげられます。


女性は男性に生活力を求めますが、女性の生活力は昔に比べかなり上昇しています。

単に、男性の収入の多い少ないだけに捉われ、結婚相手の枠を狭めてしまうのが果たして正しいのでしょうか。


共働きで考えて、夫婦の収入をトータルで考える事もできるのではないでしょうか。勿論家庭に入らざる負えない状況もあるとは思います。そういった点も含め、改めてシミュレーションをして、ご自身の相手に求める経済力の判断基準を見直すのも手かと思います。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す