検索
  • INFO WO

気持ちが乗るかどうか

初めて会った時、第一印象は見た目や雰囲気である程度決定します。ですから、身なりなどはきちっとして、笑顔で挨拶して、優しい雰囲気を出すことが大切です。



よく言われるのは、男性は最初に気持ちが高まって、女性は冷静に相手を見定めるということがあります。勿論全員がそういう訳ではありません。あくまでそういう傾向があるということです。



1時間~1時間半のお見合いで、相手とコミュニケーションを図り、緊張も取れてきて、相手に対して、第一印象とは違うイメージを抱くこともあるでしょう。お見合いの場ではお互いを知るためにも、一方的に自分が話すのではなく、相手に質問をして、双方向のコミュニケーションを取る工夫が必要です。



そうして、もし好印象を抱けたら、次の仮交際へのステップへと進みます。ただ、そこまで気持ちが乗らないというケースもあるでしょう。ここで、相手との関係を切ってしまうか、仮交際にとりあえずは進めて、相手を知ろうとするかで、当然のことながら展開は変わってきます。



単純接触効果というものがあります。相手と何度も接することで、親しみが湧いたり、印象が良くなったりします。もし、あなたに気持ちの余裕があれば、仮交際へと進み、会う回数を増やすことで相手との距離感を縮めるというのも一つのやり方です。



過去には、特に気にならなかった相手に、段々好ましい印象を持ったなんてこともあるかも知れません。それと同じく、相手と真剣に向き合い、時間の経過とともに気持ちが高まることもあり得る話です。



あくまで可能性の話なので、ご自身の考え方や感じ方によります。良きご縁をどこで感じるか。婚活を進めていく上でのポイントとなるかも知れません。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す