検索
  • INFO WO

条件を絞り込む

相手に求める条件は幾つかあると思います。しかしながら、あれもこれもと求めていては、お会いできる相手の数は限られるでしょう。また、その条件を満たすようないわゆるハイスペック男子は人気が集中して、競争率は激しいでしょう。



あなたは自分を見つめなおしたら、どういう点がPRポイントになりますか?自分が男性なら結婚したいと思われますか?一度自分の良さを書き出してみましょう。



相手に求めるなら、自分も相手に釣り合わなければお見合いのOKが出ないかも知れません。相手に受け入れられるような自分の良さを再確認し、相手に理解してもらわなければいけません。



そういった点から、例えばその幾つかある条件から、これだけはという自分の強みを何個かに絞り込んでみましょう。そして相手の条件以外の良さを見つけるために、お見合いをするのです。



会ってみないとわからないことは沢山あります。例えば包容力のある人とお会いしたいとなったら、実際会って話をしないとわからないですよね。



また、相手のプロフィール写真を見て、好みのタイプかどうかでお会いするか判断されるケースもあるでしょう。



しかし写真で伝わらない相手の良さもきっとあるでしょう。好みのタイプかどうかでお見合いを申し込む、申し受けるかを決めつけると、出会いの確率が少なくなります。会わないことには何も始まらないのです。



冷静に自分を分析し、積極的に相手と会う。マイナス査定ではなく、プラス査定で。良い出会いを求めるなら、まず自分を見直し、謙虚な姿勢で。そうしていくうちに相手を見極める目が養われていくでしょう。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す