検索
  • INFO WO

本当にそれが相手に求める条件なのでしょうか

結婚相談所での婚活で、相手に求める条件をいくつか心に決めている方もおられるでしょう。そういう場合、お見合い相手を限定してしまいます。また、いざ自分が希望した条件に合う人にお見合い申し込みをしても、高望みをした結果競争率が激しく、お見合いが組めないこともありえます。



外見、年齢、身長、体重、学歴、家族構成、職業、年収、etc。これらの中からお相手選びの目安を設定する時、多くの基準を希望すれば、当然お相手選びが限定されますし、いわゆるハイスペックなお相手選びになってしまいます。



また、希望条件が一見高くなく思えても、実際はかなり限定された条件であることもあります。例えば、普通の人。普通の人とは、人並みの条件があれば良いと考えられますが、婚活において普通の人というのはハードルは高いです。全てが及第点という人は、実は希少な存在なのです。



あるいは、尊敬できる人。特に問題無いように感じれますが、実は、自分の理想を上回る素敵な人と出会いたいと言う、とても高望みな条件なのです。



また、ピンとくる相手などは、お見合いでの最初の出会いだけでの判断は難しいでしょう。最初に顔を合わせた6秒で、その人の印象は決まると言います。その第一印象は、60分くらいのお見合いでは、覆らないことも多いでしょう。



そういう時に、すぐ答えを出すのは難しいです。2、3回顔を合わせることで、その人との相性を確認していくことも必要でないでしょうか。



いずれにせよ、まずは相手へ求めることを限定し過ぎず、前向きにお見合い申し込みを行い、また相手からのお見合い希望があれば、相手を選び過ぎずお見合いを組む。それが、自分の許容範囲を広げて、良いご縁を見つける可能性を広げていくのです。



最新記事

すべて表示

「言葉」にしなければ自分の考えは何も伝える事はできません。 「黙っていても以心伝心で伝わるものだ」と思う人もいるかもしれませんが、そこに「分かってもらえて当然」という思い込みがあるかも知れません。 態度で示すという方法もあります。 言葉にする必要の無い事もあるでしょう。 しかし、言葉にする事でしか伝えられない事の方がよっぽど多いのが現実です。 「自分の気持ちを率直に表現する」という意味で自分の意志

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

結婚相談所WO