検索
  • INFO WO

本当にそれが相手に求める条件なのでしょうか

結婚相談所での婚活で、相手に求める条件をいくつか心に決めている方もおられるでしょう。そういう場合、お見合い相手を限定してしまいます。また、いざ自分が希望した条件に合う人にお見合い申し込みをしても、高望みをした結果競争率が激しく、お見合いが組めないこともありえます。



外見、年齢、身長、体重、学歴、家族構成、職業、年収、etc。これらの中からお相手選びの目安を設定する時、多くの基準を希望すれば、当然お相手選びが限定されますし、いわゆるハイスペックなお相手選びになってしまいます。



また、希望条件が一見高くなく思えても、実際はかなり限定された条件であることもあります。例えば、普通の人。普通の人とは、人並みの条件があれば良いと考えられますが、婚活において普通の人というのはハードルは高いです。全てが及第点という人は、実は希少な存在なのです。



あるいは、尊敬できる人。特に問題無いように感じれますが、実は、自分の理想を上回る素敵な人と出会いたいと言う、とても高望みな条件なのです。



また、ピンとくる相手などは、お見合いでの最初の出会いだけでの判断は難しいでしょう。最初に顔を合わせた6秒で、その人の印象は決まると言います。その第一印象は、60分くらいのお見合いでは、覆らないことも多いでしょう。



そういう時に、すぐ答えを出すのは難しいです。2、3回顔を合わせることで、その人との相性を確認していくことも必要でないでしょうか。



いずれにせよ、まずは相手へ求めることを限定し過ぎず、前向きにお見合い申し込みを行い、また相手からのお見合い希望があれば、相手を選び過ぎずお見合いを組む。それが、自分の許容範囲を広げて、良いご縁を見つける可能性を広げていくのです。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す