top of page
検索
  • INFO WO

早くつまずく者は誰よりも早く起き上がる

失敗を恐れる人は多い。成功確率を高めるために慎重になり、一歩を踏み出すのに時間を要する場合もあるが、実際に行動するのであれば正確さだけではなくスピードも必要になる。見切り発車で精密さに欠ける内容であれば、当然失敗する確率は高まるだろう。ただし、失敗というのは悪い事ばかりではない。経験と知恵を身に付ける事が出来るのだ。


そして、早く失敗してしまった場合、作戦を練り直して新たな挑戦をするためのストロークにいち早く取り組む事が可能になる。一連の動作にスピード感が生まれる。早く失敗すればそれだけ早く立て直す事ができるのだ。


一度失敗してくじけるのは勿体ない。とは言え、失敗のたびに都度修正をかけてどんどん取り組むのには勇気がいるだろう。時間や費用がかかり、限界点もあるかも知れない。だからこそ、その枠の中で精一杯取り組む。自分に対し良くやったとねぎらいの言葉をかけられるような、ベストの行動を取れるかどうか。


また、わざと失敗して経験を得るという方法もあるが、これは行動に魂が入りにくいのであまりお勧めはしない。負けグセがつくからだ。失敗を想定していたから仕方が無いという、諦めにも似た感覚が芽生える。


本気で取り組んでこそ知恵や勇気が身に付く。絶対勝つという信念を持ち、それでも失敗した時、人の心理として当然後悔は生まれる。しかしその後悔を新たなエネルギーにする事ができた者が、いずれ勝利を手に入れる。それが失敗の神髄なのだ。



Comments


bottom of page