検索
  • INFO WO

成婚するには本気度が必要

結婚相談所での婚活を取り組んでいく際、心がけたい事がいくつかあります。

まず、必死さ、やる気。死に物狂いで取り組む勢いが必要になってきます。わずかなチャンスも逃さない、貪欲さが必要です。お見合い申し込みも積極的にしないといけません。結果がでないのであれば、数をうちましょう。

頭の切り替えも必要です。ぐじぐじと過去のことを引きずらず、経験を生かして次につなげる。そういった前向きさで取り組みたいところです。

漠然と相手探しをするのではなく、明確にポイントを絞る。システムでの条件検索でも、それをきちんと反映する。自分が決めたことを実施することで納得度は高まります。また、微調整も必要です。絞り込み過ぎて良い相手と巡り合えないのであれば、条件の幅を広げる事も検討する必要があります。

顔は柔らかく、笑顔で。作り笑いだっていいのです。相手を思いやっての笑顔なのですから、優しい行為なのです。特にお見合いで最初の挨拶。緊張して強張るかも知れませんが、笑顔がその後のお見合いのいい流れを導きます。

連絡の早さも必要です。これは単に仲人に対する事だけではなく、お相手とのやり取りもスピード感を持って取り組む必要があります。また、仲人に状況報告するには、どんなデートだったか、どんなリアクションだったか、どういう話で盛り上がってどういう話で盛り下がったかなど、詳しさも必要です。そうやって初めて仲人からの具体的アドバイスを得られます。

あと、ちょっとしたことですが、会話で相手の名前を呼ぶ。これは相手が親近感を持ってくれます。意識しないとできないことです。

準備、考え方、行動。それらを整える事が成婚への近道となります。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す