top of page
検索
  • INFO WO

想像するのは得意ですか?

プライベートでも仕事でも、「想像力」が豊かであれば、チャンスを逃す事なくプラスとなる行動を取る事ができます。


身の回りに起きている事にはどういう理由があって、今後どうなるのか。


相手が期待している事は何か。


想像する事で何に気を付けて、どんな行動を取れば良い結果が得られるかを考え想定します。


想像力は状況を判断する材料になり、それに対応した行動を取る事で高い成果を得られる可能性が高まります。


また、「想像力」を含まらせ、危機を察知した時はそれを回避する事もできます。


そのままいけば悪い結果になると判断できたり、早めに火を消さなければ大ごとになりかねないと予測ができたり、想像する事で早めに対応する事ができます。


想像力とは、「自身が経験していないことや未来のこと、現実には存在しないことを、頭の中で思い描く力」のことです。


起きていない事を想像する訳ですから、ワクワクする事もあります。幸せな未来を想像し、心が満たされる事もあるでしょう。


あるいは心配し過ぎて悪い想像をしてしまう時もあるでしょう。


その時は危機を回避したりダメージを軽くする方法を考えベストを尽くす事が、一番有効かも知れません。


そして、当然ながら良い想像や悪い想像が外れる時もあります。


むしろ外れる事の方が多いかも知れません。


しかし、常に想像を膨らませる事で、パターン化する事ができたり、より深い考察ができるようになります。


また、コミュニケーションを取っていく上でも、相手の気持ちや考えを想像して対応する事ができるかどうかで、その後の展開が変わってきます。 仕事の場面であれば、想像力が高いと上司や同僚・顧客と良好な関係を保つことができ、相手の気持ちを想定して好意を持ってもらえたり、何かを察知した時などはトラブルを回避することができます。

プライベートであれば、想像を膨らませ、相手が喜んでくれそうなプレゼントを選べたり、楽しんでもらえるようなお店選びもできるでしょう。


コミュニケーションを円滑に進めるためには、人に対して興味を持つ事がまず大切です。相手との距離を縮めたいと思う事が、想像力を膨らませます。


一方で、相手への理解が不十分だったために、喧嘩をした時や、相手と意見が食い違った経験はありませんか?


ついキツイ言葉を口にして相手を傷つけてしまった事はありませんか?


冷静になってから「どうしてあんなことを言ってしまったのだろう」と後悔する事もあるでしょう。

そんな時、もしも「この言葉を聞いて相手がどう思うか」を想像することができれば、トラブルも起こらず、相手にも自分にも優しくなれ、ずっと良好な関係を保てるでしょう。


幼い時、「どうしてなの?」と何にでも疑問をもつ時期がありますね。


疑問を持ち続けている子どもたちは、毎日さまざまな発見がある上に、柔軟な思考をしています。


大人になるにつれて知識が増えると、だんだんと当たり前が増えていき、疑問を持たなくなります。


そうやって想像する事が少なくなっていきます。


豊かな発想力を保つためには、新たな情報に対して興味を持ったり、世間に起きている現象に対して疑問を持つ事も有効です。


そして、人に興味を持つ。


良い未来を築くためにも、想像を膨らませてみませんか?



Comments


bottom of page