検索
  • INFO WO

恋愛結婚とお見合い結婚の違いって?

あくまで一つの説としてお考えいただきたいのですが、恋愛結婚とお見合い結婚とで一番わかりやすい違いは、最初の関係性の始まりが、恋愛結婚は感情重視で、お見合い結婚は条件重視ということです。



もし、あなたが恋愛をするなら、外見・内面・相性などのお相手の情報から、恋愛感情が芽生えるかと思います。その際、ファッションや清潔感、職業や年収なども考慮されるかと思います。



一方で、結婚相談所の場合ですが、例えば女性が男性に求める要素として、年収がポイントの一つになってくる場合があります。これは、結婚を前提とする場合、結婚生活を安泰に送るために経済力が必要だと考えるからです。収入を含めたお相手の情報等は、お見合いをする前のプロフィールに載っています。その情報を事前に入手した上でお見合いを申し込みます。



この時点では恋愛感情は芽生えていません。ただ、お相手に対して強い関心はあります。そして、お見合いをしたあとにマッチングすれば、交際が始まり、お相手との関係性を深めていきます。つまり、条件重視から始まるお付き合いということです。



恋愛結婚の場合は、恋愛感情から始まり、将来的な結婚を意識してお相手との条件を擦り合わせていくことになります。一方で、お見合い結婚の場合は、プロフィールを確認した時点で、ある程度結婚する際の条件は擦り合わせができています。そして交際をしながら相手との相性を見ていきます。大まかに言うと、感情(相性)→条件と、条件→感情(相性)の違いがあります。



昨今、出会いの場が少ないと言われていますが、それを補う幾つかの婚活ツールがあります。その一つに結婚相談所があるわけですが、出会いから結婚までのいわゆる婚活プログラムが確立している手法として、有効な手立ての一つと考えられます。また、結婚相談所を通じて結婚したカップルの離婚率は10%程度と言われており、日本の離婚率(約33%)と比べても少ない値であるということも特徴としてあげられます。



大切な時間を使う中で、どの婚活が自分にとってメリットがあるかということも検討されると良いでしょう。






最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す