検索
  • INFO WO

恋愛結婚とお見合い結婚の違いって?

あくまで一つの説としてお考えいただきたいのですが、恋愛結婚とお見合い結婚とで一番わかりやすい違いは、最初の関係性の始まりが、恋愛結婚は感情重視で、お見合い結婚は条件重視ということです。



もし、あなたが恋愛をするなら、外見・内面・相性などのお相手の情報から、恋愛感情が芽生えるかと思います。その際、ファッションや清潔感、職業や年収なども考慮されるかと思います。



一方で、結婚相談所の場合ですが、例えば女性が男性に求める要素として、年収がポイントの一つになってくる場合があります。これは、結婚を前提とする場合、結婚生活を安泰に送るために経済力が必要だと考えるからです。収入を含めたお相手の情報等は、お見合いをする前のプロフィールに載っています。その情報を事前に入手した上でお見合いを申し込みます。



この時点では恋愛感情は芽生えていません。ただ、お相手に対して強い関心はあります。そして、お見合いをしたあとにマッチングすれば、交際が始まり、お相手との関係性を深めていきます。つまり、条件重視から始まるお付き合いということです。



恋愛結婚の場合は、恋愛感情から始まり、将来的な結婚を意識してお相手との条件を擦り合わせていくことになります。一方で、お見合い結婚の場合は、プロフィールを確認した時点で、ある程度結婚する際の条件は擦り合わせができています。そして交際をしながら相手との相性を見ていきます。大まかに言うと、感情(相性)→条件と、条件→感情(相性)の違いがあります。



昨今、出会いの場が少ないと言われていますが、それを補う幾つかの婚活ツールがあります。その一つに結婚相談所があるわけですが、出会いから結婚までのいわゆる婚活プログラムが確立している手法として、有効な手立ての一つと考えられます。また、結婚相談所を通じて結婚したカップルの離婚率は10%程度と言われており、日本の離婚率(約33%)と比べても少ない値であるということも特徴としてあげられます。



大切な時間を使う中で、どの婚活が自分にとってメリットがあるかということも検討されると良いでしょう。






最新記事

すべて表示

「言葉」にしなければ自分の考えは何も伝える事はできません。 「黙っていても以心伝心で伝わるものだ」と思う人もいるかもしれませんが、そこに「分かってもらえて当然」という思い込みがあるかも知れません。 態度で示すという方法もあります。 言葉にする必要の無い事もあるでしょう。 しかし、言葉にする事でしか伝えられない事の方がよっぽど多いのが現実です。 「自分の気持ちを率直に表現する」という意味で自分の意志

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

結婚相談所WO