検索
  • INFO WO

恋愛結婚とお見合い結婚

恋愛と結婚相談所での婚活は大きな違いとして、感情重視か条件重視かという点があるのですが、恋愛体質のまま結婚相談所で婚活をすると、なかなか成婚に至らないと言われています。



恋愛を否定するのではなく、お見合い結婚の特性上、恋愛体質のまま活動するのは難しいということです。相手に求めるものが多く、お見合いや仮交際を繰り返しても、何かピンとこないという、いわゆる直感に頼ってしまう部分があるのです。もちろん普通に条件重視でお見合い相手を選んでも同様なことがあり得るのですが、恋愛体質の方はそれが顕著に現れ、結果的に婚活が長引くことになります。



では、恋愛体質の方が婚活に取り組むにはどうすればよいか。まず一つは、お見合いに至る前にマインドセット(価値観)を整える。自分はどういった人とお見合いを望むのか、自分はどれほど結婚したいのか振り返ること。



もう一つは婚活ではなく恋活をすること。



世にうたう婚活サービスは沢山あると言っても、大半は出逢いの場を提供するいわゆる恋活サービスです。出逢いを生かした交際へと発展する可能性はあります。アプリなどは現在かなり普及して、出逢いのツールとして活用されています。



ご自身のマインドに合ったパートナー探し。後悔の無い取り組みをされることをお勧めします。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す