検索
  • INFO WO

40代男性、成婚への道のり

40代男性。お見合い→交際と進む事もあったが、真剣交際に至らず。もう諦めようと思った時に、パートナーと出逢いました。彼が心がけていたのは、交際成立した時は、すぐに答えを出さず、何度か会って相性を確かめるというものでした。



初デートでテンションが上がらず、お見合いの時とは印象が違ったという事は良くある話。ですが、お見合いというのはお茶を飲んで1時間話をするだけ。しかもPR文や趣味を事前に把握でき、話のネタを用意した状況。盛り上がる事もあり得ます。



しかし、初デートは勝手が違います。そういう点では、もう一度仕切り直しというくらいの心構えの方が良いかも知れません。そして、ゆっくりお話しをして、雰囲気を掴む。せっかくお見合いから交際まで進めたのですから、すぐに答えを出すのは正直勿体ないです。



彼はそうやって、お相手との関係を築こうと努めました。それでもなかなか交際は上手く進まず、時間は過ぎていきました。



自信を失いかけ、婚活を諦めようとした時、そのお相手と巡り合いました。交際が始まってから、毎週デート。お互いの休みが重なりにくい時は、平日に休みがある場合などは、休みの側が相手の近所まで出向いて、夕食だけ食べるという事もしていました。



婚活は男女五分五分だと思うと彼は言いました。男性ばかりがデートを誘い続けるのは色々な面で負担になります。女性からも、会いたい、次いつ会えるの?と意思表示をする事で、男性の気持ちも高まるのです。



トントン拍子で2ヵ月でプロポーズ。見事ご成婚されました。いつ、チャンスが来るのかはわかりません。それが3ヶ月なのか、半年なのか、1年なのか。成功する時はあれよあれよと進んだ彼。婚活で心がけた、相手を理解しようとする考えが、実を結んだのではないでしょうか。


#婚活

#お見合い

#結婚相談所

#交際

#プレ交際

#真剣交際

#仲人

#アドバイス

#テンション

#理論

#ロジカル

#論理的思考



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す