検索
  • INFO WO

婚活男子の苦悩

先日、会って対象外と思われる男性像というブログを書きましたが、実際に男性自身が悩んでいる事も多いのが事実です。自分は不足していると思っていても、なかなかうまくいかない・改善できないという悩みを抱えている人もいます。それを足切りの材料にするかどうか。男性に対しどこまで許容・理解できるか。前回と重なる部分もありますが、記載したいと思います。

まず、太っている。これは前回も書きました。太っているとだらしないという印象を持つ人は多いようです。しかし、ダイエットをして少しでも体重を減らす事ができれば、自信がつきます。婚活中もダイエットをして体重を減らせれば、プロフィールを変更できます。

年収が低い。これは、すぐには増やす事はできませんが、世帯収入で考えればお相手の年収次第とも言えます。もちろん将来年収が増える可能性がある人もいるでしょう。

年下の相手を希望する場合、お見合いが成立しにくい。これは、実際よくある話で、男性は年下にお見合い申し込みをする傾向があり、一方で女性は同年齢か少し年下を希望する事があります。この時点でギャップが生じています。男性の場合、同世代か年上にお申込みをすることで、お見合いが組みやすくなる事があります。

また、全般的に見合いが成立しない場合。これは写真やプロフィールで判断されている場合と、PR文が不十分の場合があります。ネガティブ要素を取り、ポジティブな面をアピールする。そして、自分が狙い撃ちするのであれば、相手に響く内容を仲人と考える。そういった工夫も必要でしょう。

話下手。会話が続かない、盛り上がらない、そういうケースもあるでしょう。話が苦手な男性は多いです。緊張して話せない人もいます。何度か会っているうちに、慣れてくる場合もあります。将来の伴侶に一時の話上手を求めるのが適切かというところもあります。

マイナス査定であれば、大幅な減点をされるわけですか、そこからの伸びしろをプラス加点できないでしょうか。相手に対する見方・考え方を少し変えてみるするのも良いかも知れません。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す