検索
  • INFO WO

婚活オトコの勘違い

婚活していく場面で、男性と女性でその場を楽しめたかどうかにズレが生じる場合があります。



例えばお見合いの場での男性目線。女性が沢山話してくれた。気持ちよく話してくれた。だからいいお見合いだった。そして交際申し込みをしたがお断りの返事だった。



女性はコミュニケーション能力が高く、確かに男性に比べて話す量は多いです。しかしながら、一方的に話すのは会話としては成立していませんし、女性としても、話すのがしんどいと感じる場合があります。



女性は男性に比べ、沈黙が苦手とも言われています。その沈黙が起きないように、何とかして話そうとする。そうすることで話疲れるのです。



もちろん、何かテーマがあれば話せるのですが、全て自分で会話を組み立てるとなると大変です。



ですから、男性はあらかじめ、3つ以上の質問を考えておいた方が良いです


。質問内容はプロフィールから集めても良いですし、自分が聞きたい事を聞くでも良いです。



要は、沈黙が起きず、男性が女性に関心がある事を示すことで、双方の会話が成立するのです。バランスよく、男性:女性=4:6程度の比率の会話ができればいいでしょう。



しかし男性側は、自分も話さないといけないと思い込んで、聞いてもいないようなウンチクをだらだらと話すのはとても嫌われます。一方的ではなく、会話を心がけましょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す