検索
  • INFO WO

婚活アプリのメリットデメリット

以前にも少し触れましたが、婚活アプリの特徴についてご紹介します。


メリットとしてはお手軽に取り組めるということと、コストの安さです。特に女性は月会費無料という会社が多く、コスト0ということも。男性も月4000円程度でお値打ち価格です。



そして利用者数が爆発的に多いです。利用者数は2000万人とも3000万人とも言われています。その分、コミュニケーションを取れる人数も多いです。



一方でデメリットは、相手の素性がはっきりしないため、既婚者が紛れ込んでいたり詐欺のようなことも起こり得るということです。



そして、アプリの成婚率は非常に低いです。2%前後と言われています。



またコストが安い分、時間をかけてしまうということもあります。これは若いうちはあまり意識しないかも知れませんが、気が付けばいい歳に、なんてこともあり得ます。



時間というのは当然ながら、取り戻すことのできない貴重なものです。歳をを重ねて、段々と結婚に対し焦りを感じて、その結果結婚相談所に駆け込むという人もおられます。



しかし、結婚相談所の婚活も甘くはありません。自分磨きをしながら、仲人のアドバイスを受け入れ、密に連絡を取り合うという姿勢で臨まなければ、結果は出ません。



自分の年齢を考えて、いつどの婚活に取り組むか、明確にすることが大切です。アプリに振り回されないよう、十分お気を付けください。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す