検索
  • INFO WO

婚活を成功させるには②

尊敬できる相手、普通の相手を条件にしている場合、自分では意識していないが高望みしていることがあります。



尊敬できる人は、一見よくありそうに考えられますが、自分の期待を上回る相手像を思い描いている場合があります。仕事のできる人を意味するのであれば当然高年収を求めますし、雰囲気の良い人であれば、恐らく外見が魅力的な人をイメージするでしょう。



また、普通の人というのは、いわゆる3中で、あらゆる面が及第点ということになります。すべてが平均的に良いということですから、実はハイレベルな人ということになります。



そういう、自分の中のイメージで、それが普通だと感じるのであれば、いかに高望みしているかを理解する必要があります。



ですから、一度検討し、自分が本当に何を求めているかを見直すことができる人は、より婚活向きな人と言えるでしょう。



また、婚活できることに感謝できるどうか、今ある事を幸せと感じられるかで、取り組む姿勢が変わってきます。



世の中には、婚活に取り組めない人も多くおられます。仮に結婚相談所であれば、必要な費用を捻出し、時間を作り出し、将来の事を現実的に考えられる事、そういう自分では当たり前に思っていることが実は貴重なことだとも考えられるのです。



婚活は心構え次第で取り組みが変わってくるのです。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す