検索
  • INFO WO

婚活を前に進めるための発想

まず、前向きじゃない人は、婚活をしていても良い結果が出なかった場合に、自分の能力が低いと思ってしまう。そうすると、気持ちが落ち込んでしまい、消極的になり、行動しなくなってしまいます。

逆に、前向きな人は、結果が出なかった場合、自分の能力ではなく、手段が間違っていたと考えて、別の方法を考える。そうすると、色んな手段を試して積極的に行動する。そうして変化させながら行動を続けていく事で、いずれ成功へとたどり着くのです。

例えばお見合いが組めないのであれば、プロフィールを見直す。プロフィールですぐに変更できるのはPR文、写真。そして時間と努力で変える事ができるのが体重。



PR文は自分なりに考える事も大切ですが、周りに協力者がいれば客観的なアドバイスをもらう。結婚相談所であれば仲人が見てくれるでしょう。



写真は、節約のためにスタジオを使わずに撮影して素人感の出ている物であれば、思い切ってスタジオを利用する。



太っていると自覚している人は、ダイエットをする。痩せる事に喜びを見いだせれば継続が可能でしょう。そして痩せたらプロフィールにも反映できますし、写真の撮り直しも効果的でしょう。



お見合いから交際につながらないのであれば、お見合いで自分がどんな会話をしたか、仲人や友人に内容を伝えて、どこに問題があったか教えを乞う。自分が何を話したか、相手はどんな質問をしてきたか、また自分はどんな質問をして相手のリアクションはどうだったか。



詳細なアクションリアクションの情報があれば、対策も立てやすいでしょう。工夫・努力と客観的なアドバイス。これらにより、軌道修正し結果を出せる状態へと持っていけるでしょう。

そして、Aが駄目ならBを試す。手段を変化させ、成果が出れば自信につながります。トライアンドエラーで、諦めずに挑戦をしていきましょう。






最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す