検索
  • INFO WO

婚活における男女のテンションの違い

婚活においては、男女双方のテンションが同じくらいなるのが理想です。



しかし、一般的には男性のテンションは出逢いの段階から高く、一方で女性は様子見をしながら最初はテンションが低いと言われています。



ですから女性から見ると、最初は数回のデートやLINE等のやり取りを重ねていくうちに、相手の事を徐々に知って、親しみを持てる関係に進んで行きます。



一方男性から見ると、出逢いの瞬間から相手への好意を持っているものの、女性の反応が乏しく、自分には興味が無いのかな?と思って諦めてしまうような人もいます。



だから、男性へのアドバイスにあるのは、最初の方はテンションが合わない事を理解する事。女性の場合は、色々とお話しをする中で相手に興味を持つ事。



IBJに加盟している結婚相談所での婚活の場合は、交際期間が3ヵ月という目安があります。これは短いようにも思えるかも知れませんが、早く結果が出ると言うのは双方にとっても良い事です。だらだらと先の見えないプレ交際を続けていては、お互いの時間を浪費する事にもなります。



結婚相談所には、双方の担当仲人のアドバイスや、仲人同士の連携などがあり、他の婚活とは異なる、心強いサポートがあります。



男女でテンションが違うのは、そういうものだと理解して進めていく。二人のテンションが近づいていけば、交際は発展していきます。


#婚活

#仲人

#結婚相談所

#IBJ

#真剣交際

#プレ交際

#お見合い #テンション

#アドバイス

#理論

#ロジカル

#論理的思考



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す