検索
  • INFO WO

婚活なのか恋活なのか

パートナーが欲しい、という漠然とした願望を抱いているがために、具体的なお相手探しの手段がちぐはぐになってしまうケースが見られます。



世には婚活手段として、いくつかのサービスがありますが、それぞれゴール設定はまちまちです。しかしそこには、恋人探しの人もいれば、結婚相手を求めている人もいて、目的ばらばらなのですね。恋人探しの人は、将来は結婚を希望だが、今すぐでなくていいという発想でしょう。



そして、それぞれの婚活サービスには、費用と時間がかかります。その点を踏まえて選択する必要があります。恋人探しであれば、街コン・お見合いパーティ・マッチングアプリが良いでしょう。



また、結婚相手探しであれば、結婚情報サービス・結婚相談所が良いでしょう。



理由としては、時間です。マッチングアプリでも結婚相手探しは可能ですが、どうしても時間がかかります。婚活は時間との戦いです。時間は過ぎ去ってその大切さが分かるのです。



お手軽だからマッチングアプリ、街コン、もちろん問題はありません。ただ、上手に婚活をするなら、相談所の特徴は把握しておく必要はあるでしょう。それを知った上で、選択するかどうかは判断すれば良いですし、他の婚活から初めて、どこかのタイミングで相談所を選択するという方法もありです。



この考え方は、自分達だけではわかりません。その道の人に聞いてみないと現状はわからないのです。どの結婚相談所も無料面談で、お話を教えてくれます。いつかは、あとで、ではなく、今です。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す