検索
  • INFO WO

婚活で結果を出せる人、出せない人

婚活をしていく上で、いわゆる壁にぶち当たる時があります。お見合いを申し込んでも全然お見合いが組めない。お見合い後、交際へと発展しない。交際途中でお断りされる。何をやっても上手くいかないという状況に陥ってしまう。



そういう場合の多くは、自分を責めて、自分には魅力がないとか、婚活の能力が無いと落ち込んでしまう事が多いのではないでしょうか。また、弱気になって諦めグセがついてしまう事も。



一方で結果が出る人は、結果が出ないのはやり方が間違っているという発想が生まれる。



あれが駄目なら次はこれ。色んな方向からアプローチして可能性を探る。いずれ結果は出るはずと、果敢かつ冷静に取り組む。



フラれたら自分との相性が悪かったと考え、すぐに次に行く。ターゲットがずれていた可能性があると考える。



前に進む事ができなかったら、何が駄目だったのか自己分析をする。仲人や友人、同僚や先輩などからの分析も価値はあります。その分析をもとに次に生かす。



例えば、なかなかお見合いが組めなかったら、年齢の幅を変えてみる。相手の年収に対しこだわりを持っていたとしたら、もう少し幅を持たせる。そうやって申し込みの対象を変えてみましょう。



また、自分が気になる相手がいれば、その人に合わせたプロフィールにアレンジしてみる。



自分の能力のせいにせず、挑戦し続け行動を変えてみる事が大切です。


最新記事

すべて表示

「言葉」にしなければ自分の考えは何も伝える事はできません。 「黙っていても以心伝心で伝わるものだ」と思う人もいるかもしれませんが、そこに「分かってもらえて当然」という思い込みがあるかも知れません。 態度で示すという方法もあります。 言葉にする必要の無い事もあるでしょう。 しかし、言葉にする事でしか伝えられない事の方がよっぽど多いのが現実です。 「自分の気持ちを率直に表現する」という意味で自分の意志

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

結婚相談所WO