検索
  • INFO WO

婚活で気を付けたい事(男性編)

ここでは、男性に気を付けて欲しい幾つかのポイントを記載します。清潔感などの容姿については今回は省略します。



①お見合いの場で、プロフィールに書いてある事と同じ内容のことを聞く→趣味は何ですか?ではなく、そのご趣味はいつ頃からされていますか?のように、深掘りする質問をする。



②漠然とした質問や的を得ていない質問をする→✕女性は何故甘いものが好きなのですか?⇔共感するだけでOK



③自分の立ち位置を中途半端にする→若くて年収もそこそこの男性であれば、女性からの人気も集まるでしょうが、そうでない場合は、自分の立ち位置を明確にすることで目立てせる事ができます。



1.経済的メリット=専門性が高いビジネスエリート(と思われる職業):医者、歯医者、  

  薬剤師、弁護士、公認会計士など

2.時間的メリット=家事・育児を負担する



結婚によって、経済的なメリットもしくは時間的メリットを提示することは、婚活において有利に働くことが考えられる。



➃仕事・プライベートを優先する→特にプライベートは婚活を最優先する。月に4~6回お相手と会うには時間が必要ですし、他の方とお見合いやお付き合いを並行すれば、更に時間は必要です。1年間は婚活に全力を注ぐくらいの気概が必要でしょう。



⑤これまでの恋愛遍歴を聞いたり、語る→過去の恋愛経験を聞いても誰も幸せにはなれません。少なくとも自分から話題を振るのはやめましょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す