検索
  • INFO WO

婚活で気を付けたいポイント(男性編)

男女とも、婚活において気を付けたいポイントが幾つかあります。婚活をしていく上でのマナーとも言えます。



まず、男性であれば、第一印象での減点ポイントをいかに無くすか。これにかかってきます。以前からお伝えしているように、まずは清潔感です。最初に悪い印象を与えてしまった場合、それをひっくり返すのは並みの苦労ではありません。



例えばお見合いパーティーなら5分、街コンなら20分、結婚相談所なら60分の間に、挽回しなければいけません。挽回と言っても、見た目を変える事は当然できませんから、そのマイナスポイント自体は埋める事ができないのです。



服装にも勿論気を付けたいところ。お見合いであれば、スーツもしくはジャケパン。スーツは、いまどきは体にフィットした細見のスーツが流行りです。だぼだぼのズボンや、肩の余った上着などはやぼったく見えますので気を付けましょう。



靴もしっかり磨く必要があります。おしゃれは足元からと言われます。



そしていざ会話となったら、男性は話し過ぎないように。お話の割合は7-3か6-4で、控えめにしゃべりましょう。



質問は幾つか考えておいた方がいいでしょう。それ以外は会話の中で気になる事があればそれを質問する感じで良いかと思います。とにかく、目の前の相手に興味を持つことが第一です。



そうして、初対面の機会を逃さぬよう、お気を付け下さい。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す