検索
  • INFO WO

婚活ができる事に感謝する

婚活で苦労する事もあるでしょう。行き詰まりを感じてしまう時もあり得ます。しかしそれは日常が当たり前と思ってしまっているために出てくる発想とも言えます。

結婚相談所での婚活について、経済的に入会できたことを普通に思っていませんか?世間では結婚相談所に入りたくても経済的な事情で取り組めない人もいるでしょう。

健康な状況だから婚活に取り組めると考える事もできます。健康を損なったり災害に見舞われたら日常生活に戻るのも困難かも知れません。

お見合いで上手くいかないという方もいるかも知れません。しかし、お見合い相手がいてくれてこそお見合いが成立します。自分に関心を示して貰えた事自体はありがたい事ではないでしょうか。

勿論上手くいかなくて気分が沈んでしまう事もあるでしょう。しかし、感謝の気持ちがあれば一つ一つの出逢いを大切にできると思います。お見合い申し込みがあればそれも一つの巡り合わせです。縁を感じてまずはお見合いしてみるか、それとも自分に合わないと決めてお断りを入れるか。

今ある事に感謝する事で、前向きに取り組む事ができ、気持ちが整う事で出逢いの確率を上げる事ができるでしょう。そうすればチャンスが広がります。気持ちが沈んだときには仲人に相談しましょう。そのための仲人です。きっと自分とは違う目線で助言をしてくれるでしょう。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す