検索
  • INFO WO

婚活がしんどくなるとき

結婚相談所で婚活をしていく中で、活動を継続するのがしんどくなる時があります。例えば、最初の3ヶ月で婚活疲れしてしまうケースです。こういった場合、ほとんどのケースが、お見合いが組みにくい、もしくは交際が続かないという理由になります。



最初の頃はやる気に満ちていたのに、現実の壁にぶつかるという状況です。もちろん個人差はありますから、順調に交際が進むケースや、お見合いの予定が続くという人も多くおられます。



一般的に、結婚相談所に入会した時は、婚活に自信を持っている人が多いようです。そして中には婚活の壁にぶつかり、落ち込んでしまう人がいます。



入会後の最初の面談で、成婚時期について目標設定を行います。この時に気を付けたいのが、あまり長い期間を設定しないこと。例えば1年後と設定すれば、活動に集中せず2年3年と過ぎてしまうことがあります。



仮に6ヶ月と設定した場合、お見合いしてから順調に行けば3ヶ月での結婚が見込めますから、活動開始後3ヶ月以内にお相手を見つけるという目標になります。



実際は6ヶ月を目標にして、期日を過ぎることもあるでしょう。その時は目標を再設定します。そうして、だらだら婚活をするのではなく、目標を明確にして活動すべきです。



そうやって、もし婚活疲れになってしまった場合は、目線を上げて目標を再設定し、前向きに取り組んでいくことが大切です。



また、仲人との相性も大切です。最初の面談者が後々の担当者になる場合は、入会前の無料面談の時に、この人は合うかなど、相性を確認した方がよいでしょう。相性の良い、しっかりとした仲人なら、婚活で困った時や行き詰った時、親身にアドバイスをしてくれるでしょう。ですから、相性の良い仲人との出会いは大切です。



仲人の力を借りつつ、目標をしっかり立て、粘り強く婚活に取り組むことをおすすめします。


6回の閲覧0件のコメント

604-8811

​京都市中京区壬生賀陽御所町

TEL:075-823-8125

​出張型結婚相談所WOはIBJの加盟相談所です

©2018 by 出張型結婚相談所WO. 

  • Twitter