検索
  • INFO WO

婚活あれこれ②

以前にお伝えしました、種々の婚活についての特徴です。



③お見合いパーティー

人数により異なるが、一人につき3分から5分の間にプロフィールカードをもとに自己紹介をしたり聞きたいことを質問したりする。時間が来たら移動し隣の人とまたお話しをする。

一回のパーティーで多くの人と話せるのがメリット。また、マッチングがあるので興味のある者同士だけが連絡が取れて、街コンに比べると本気度が高い。


一方で、多くの人と会えるものの、短時間の会話しかできないので、最初の印象だけで判断されてしまう。第一印象が良い人に人気が集まり、そうでない場合はなかなかマッチングに至らない。また、大勢の人と会うため情報が処理しきれない場合が多い。



④結婚情報サービス

ネットを中心とした婚活。アプリとは違い、独身証明書を提出するため、本気度がある程度ある人が集まりやすい。成婚料を取るところは少なく、結婚相談所より安価で済む。また、結婚相談所よりは恋愛結婚につながる可能性がある。二人が直接会う前にシステム内でメールのやり取りを行い、二人で直接連絡を取るのでお見合いという形式を取らない。


カウンセラーの人数が限られていて、サポートを受ける際は費用がかかる場合がある。そのため、自分主体で活動をすることになる。結婚相談所より手軽に入れる分、本気度が結婚相談所に比べやや低いと思われる。



⑤結婚相談所

最大の特徴はカウンセラーがマンツーマンでサポートを行うこと。お見合い相手を探して、マッチングしてお見合いをするまでは当人同士では連絡は取れず、交際が始まってから連絡先を交換する。交際が始まってからもカウンセラーのサポートは継続し、成婚までフォローを行う。費用がかかる反面、本気度の高い人が集まっている。


唯一のデメリットは費用が他の婚活サービスよりかかるという点。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す